伊王島_歩き方

伊王島が魅せる太陽

毎日の当たり前が当たり前でないことをよく感じることができるのが、伊王島です。 東の空が赤く染まり、一日が始まります。女神大橋の彼方から昇る朝日は、毎日みても美しいと見惚れる風景です。 そして、宇宙を透かして見るような青さ
雲一つない水平線に沈む夕日は、大変まれです。
伊王島_歩き方

角力灘に沈む美しい夕日

伊王島はその周りを大変美しい角力灘に囲まれた風光明媚な島です。青く透明度の高い海の素晴らしさもさることながら、水平線に沈んでいく太陽の光に輝く海は、まさしく息を飲む黄金の美しさです。 その夕日の中でも、雲一つない水平線に
伊王島_歩き方

沖のカモメもひと休み

伊王島は一般的に長崎市香焼沖の沖の島と伊王島を合わせて呼びます。 この2つの島の間には小瀬戸と呼ばれる幅がおよそ30mほどの海峡があります。 太平洋とつながる角力灘は、ひとたび風が吹くと白波荒波でシケとなります。 今日の