沖のカモメもひと休み

伊王島は一般的に長崎市香焼沖の沖の島と伊王島を合わせて呼びます。

この2つの島の間には小瀬戸と呼ばれる幅がおよそ30mほどの海峡があります。

太平洋とつながる角力灘は、ひとたび風が吹くと白波荒波でシケとなります。

今日の伊王島の海は、穏やかで冬の間の小春日和です。
伊王島と沖の島を結ぶ賑橋
人と共に伊王島の住人であるカモメも波静かな小瀬戸でひと休みといったところでしょう。
カモメも波静かな小瀬戸でひと休み