伊王島|北原白秋の歌碑

俊寛僧都の墓碑の横に建つ北原白秋の歌碑。
北原白秋の歌碑(児童公園)
 白秋は1935年(昭和10年)に伊王島を訪れ、俊寛の悲しい運命に心をうたれ、死ぬ前の1942年(昭和17年)に「多摩詩に伊王島」と題して長歌一首と反歌を詠んでいます。
1950年(昭和25年)に、長崎県下の文人や地元の人々の篤志によって、ここに歌碑が建てられました。
反歌
 いにしえの流され人もかくありて
 すえいきどおり海をにらみき

俊寛僧都の墓碑と北原白秋の歌碑は、並んで建てられています。
俊寛僧都の墓碑と北原白秋の歌碑は、並んで建てられています。

中央児童公園内のトイレ
中央児童公園内のトイレ