石炭が山のように積まれていた築港付近
【写真の解説】
左の写真は、昭和37当時の伊王島築港前の貯炭場です。伊王島石炭鉱山から掘り出された石炭は、一旦この近辺の貯炭場の保管され、積み出し船が来るまでこの近辺に保管されていました。大型のブルドーザーによって、整理されていました。
右の写真は、平成28年の貯炭場跡の写真です。今では石炭が山積みされていた場所は、キレイに整地されています。左奥には観光客のためのリゾートホテルが建設され、当時の面影はまったくありません。