伊王島|伊王島灯台記念館

明治生まれの館「旧伊王島灯台旧吏員退息所」
明治生まれの館「旧伊王島灯台旧吏員退息所」1877年:明治10年に完成した明治初期の洋館住宅です。
輸入セメントを使った当時としては珍しい無筋コンクリート造りで、日本におけるコンクリート建築物の草分けとして貴重な建物でもあります。
※長崎県指定有形文化財
この建物は灯台を建設した英国人主席技師ブラントンの設計で、伊王島の船津(ふなつ)の大工であった大渡伊勢吉(おおわたりいせきち)が棟梁として建てたものです。
日本で初めての灯台記念館で、室内には日本の灯台史の中における伊王島灯台の位置付けをテーマに資料が展示してあります。
明治生まれの屋根は、長年の風雪にも耐えて、今もなお瀟洒な姿を見せてくれます。
明治生まれの屋根は、長年の風雪にも耐えて、今もなお瀟洒な姿を見せてくれます。
青空を背景にした官舎の漆喰屋根と伊王島灯台のツーショットは、伊王島灯台公園のベストショットです。
青空を背景にした官舎の漆喰屋根と伊王島灯台のツーショットは、伊王島灯台公園のベストショットです。
伊王島灯台記念館そばのトイレ
【伊灯台記念館メモ】

現在は記念館としてかつて使用していた道具や明治の灯台文化の資料を保存、展示しています。
開館/9:00~17:00
休館日/月曜日(祝日・休日の場合は、以後最初の休日でない日)、12月31日~1月1日
入館料/無料
電話/095-898-2011