伊王島|伊王島大橋

伊王島大橋

長崎市の中心部から南西海上10kmに位置する伊王島大橋(橋長876m)は、2011年3月27日(日)に開通しました。長崎市香焼町と伊王島を結ぶこの橋は、ゆるやかにカーブするシルエットが美しい橋です。

長崎本土と伊王島を結ぶ伊王島大橋
しかも橋の中央部が一番高くなっているので、このカーブが演出する面白さは、道路を渡る時の視界です。伊王島寄りにあるカーブは、島に渡るときは下り、戻りは上りとなります。ゆるやかに左に曲がりながら橋を渡る感覚は、まるで海の上に続く道を空に向かって離陸するような雰囲気を楽しむことができます。
緩やかなカーブが美しい伊王島大橋

この橋は歩いて渡ることもできます。橋の上からは、長崎港へのゲートブリッジである女神大橋の全貌を見渡すことができ、反対方向には、高島の沖に浮かぶ世界文化遺産の端島(軍艦島)を垣間見られます。伊王島大橋は、海から吹く心地よい風を感じながら長崎の海の大パノラマを楽しめる展望台でもあります。