沖之島と伊王島の間で潮干狩りを楽しむ人達
【写真の解説】
左の写真は、昭和30年代の伊王島と沖之島の間に架かる賑橋から長崎湾側に架かる栄橋を写した風景です。両方の島の間の狭い海峡は、水深が浅かったため、春の大潮の時期には、島民がこぞって潮干狩りをしていました。当時の2つ島には七千人を超える人が住んでいましたので、旬の貝を目当てに来る多くの人達で海岸はほとんど人でいっぱいになったそうです。波穏やかになる春は、炭鉱の島で暮らす人達にとって、水ぬるむ頃であり、海の恵みを楽しめる季節でもありました。
右の写真は、平成28年の同じアングルから写した風景です。護岸工事が進み、防災面からは島で暮らす人達の安全を守ることができるようになりましたが、季節の催しが少なくなるという面では、寂しくなったことは否めません。