長崎「学さるく」伊王島をタイムトリップ

「長崎さるく:伊王島の炭鉱時代へタイムトリップ」
※長崎国際観光コンベンション協会が主催

今ではすっかりリゾート地として知られている伊王島ですが、わずか数十年前は、石炭産業を担う炭鉱のある島でした。この学さるくでは、現在の伊王島の姿とは全く違った時代の姿を探訪します。当時撮影された石炭産業全盛期の貴重な写真が撮影された場所をさるきながら、平成のリゾートの伊王島と昭和の炭鉱暮らしの伊王島をタイムトリップしました。
■講師:伊王島地区地域おこし協力隊:中村郁夫
■集合場所:伊王島港ターミナル
■コース 仲町トンネル →築港付近の石炭集積跡を見る
馬込教会
石炭発見の碑
ふれアイランド
やすらぎ伊王島(昼食)
伊王島港ターミナル(解散)

幸い開催日は天候にも恵まれ、タイムトラベル気分で昭和の伊王島をさるきました。

絶好のさるく日和です。

かつて伊王島のメインストリートは炭鉱関連の車両が往来していました。