子供を守るネットワークパトロール

 

DSCN3203_600DSCN3205_600

 

DSCN3210_600

11月12日の放課後、子どもを守るネットワークパトロールが行われました。

子どもを守るネットワークパトロールとは、子どもたちが、安全にかつ安心して過ごすことのできる住みよいまちづくりのために、地域の力を結集してネットワークを作り、社会全体で子どもたちを守っていく運動です。
そのひとつとして、伊王島小学校では、月に一度、教職員、保護者、ボランティアが募って、下校時の子どもたちと一緒に通学路を歩くことで、児童の様子を見守り、通学路の危険箇所などについて調べる活動を行っています。